換気口フィルター

換気口フィルターの役割

お部屋の"換気口"をご存じですか?

換気口の役割は、外の新鮮な空気と室内の空気を出し入れすること。湿気や臭い、生活により汚れた空気の排出など、私たちの健康を守り、快適な暮らしを保つための大切な役割を担っています。
その換気口が閉まっていると、給排気がうまくできないことをご存じですか? キッチンなどの「換気扇」は、主に空気を“外に出す”役割を担っています。そのため換気扇を回す際は、外の空気を“取り込む”必要があり、その役目を担っているのが換気口です。
マンションでは急にドアが重たくなったり、開閉時に耳がキンとしたりすることがありますが、これらは換気口を閉じたまま換気扇を使用していることが原因の場合も少なくありません。正しい換気のために、換気口をしっかり活用しましょう。

でも、換気口を開けておくと、こんな悩みや心配が…

  • 砂ぼこりが入ってくる
  • 排気ガスが入ってくる
  • 嫌な臭いが入ってくる
  • 花粉が入ってくる
  • 害虫が入ってきそう
  • 周囲の壁紙が汚れて黒ずむ

『換気口フィルター』で、取り込む空気をキレイに

換気口には、フィルターを取り付けることができるものがあり、それによって空気の汚れを取り除き、きれいな空気を取り込むことができるようになります。特定の化学物質の侵入を防ぐもの、アレルギー物質の活性を抑えるものなど、様々な種類があるのでチェックしましょう。
換気口は、定期的な交換が必要です。お住まいの環境などによっても異なりますが、3ヵ月から半年ほどたつと換気口フィルターに汚れが付着し、大切な換気の機能を妨げてしまいます。フィルターは入居当初に取り付けられている場合もあるので、「交換したことがない」という方は一度確認してみましょう。

数ヵ月で真っ黒に

フィルターの有無をチェック

フィルターを付けられないタイプの換気口には、フィルター付きのカバーを取り付けることで汚れた空気の侵入を防ぐことができます。

お申し込みページはこちら

ライフネクストinfo

NEW人・街・暮らしを元気にする生活情報誌
ライフネクストインフォ2019
vol.38 夏号

バックナンバー