マンション生活辞典

賢いマンションライフのための「なるほど」を提供します。

バリアフリー住まいのバリアフリー化を考える

マンションの良いところは、多くの場合はワンフロアで、戸建住宅のように自身の住まいの中に階段がないところ。比較的バリアフリー化がしやすいのが特長です。最近では、高齢化の影響もありバリアフリーリフォームへの関心が高まっています。

バリアフリーリフォームは、楽しく快適に暮らすため

以前は「やむを得ず行うもの」と考える方が多かったバリアフリーリフォームですが、最近では「元気なうちから積極的に備えておきたい」という方が増えています。もちろん、歩くことが困難になったり、車いす生活になったりしてから住まいの中の段差をなくすことは大切なことです。でも、そうではない人にとっても、段差がない住まいは快適ですし、安全です。浴室に手すりがあれば、無意識に使って重宝するものです。

例えば「まだ元気に歩けるから」と考えていても、住まいの中のわずかな段差でつまずいてしまって、それがきっかけで足が弱ってしまうこともあります。筋力や骨や視力は、誰でも知らないうちに少しずつ弱っていくものですので、「まだ大丈夫」といううちからでも、「もっと快適な住まいにしよう」という楽しい気持ちでバリアフリーリフォームを検討するのが理想的です。

ご自身で、あるいはご夫婦やご両親との会話で、

  • 「最近玄関でつまずくことがある」
  • 「段差と足の感覚がうまく合わないことがある」
  • 「お風呂やトイレで立ち上がるのが少し大変」

といったことが出てきたら、そろそろ考えどきかもしれません。まとまった費用のかかるものなので簡単な話ではありませんが、早くやれば、その分長く快適な良い住まいで安全に暮らせるのですから、早めに検討する価値は十分にあります。

廊下とリビングの境界や洗面室入口など、マンション内で見られる段差の多くは、床下の配管が関係しています。段差解消の方法や工事可能箇所はお住まいの仕様によって異なります。

その他のバリアフリー記事

CLASS PLUS
CLASS PLUS vol.14(2024年 春号)

NEW人・街・暮らしを元気にする生活情報誌
CLASS PLUS
vol.14(2024年 春号)

バックナンバー

お電話でのお問い合わせ

9:00~18:00(土日祝・年末年始は除く)

東日本 0120-92-1616

お問い合わせフォーム

西日本 0120-16-3833

お問い合わせフォーム