「備えないと…」と思っていても何を購入するか迷ってしまう防災用品。マンションでは、自宅での「在宅避難」を余儀なくされることを想定し、災害時の状況をイメージして必要な防災用品を備えましょう。
災害時、テレビやインターネット等で情報を得ることがあると思います。停電時はその情報収集もできなくなります。また、被災時にはテレビやラジオの広域の情報に加えて、地域の情報やご家族・ご友人との情報交換がより重要になるため、携帯電話の充電は切実な問題になります。
防災用品として定番とされている懐中電灯は、夜間の暮らしのための灯りとしては不十分といえます。エアコンなどが使えない状況もイメージを。大きな災害では、停電が何日も続く可能性もあり、備えがないと寒さや不便さだけでなく、精神的な不安も大きくなります。
普段よく食べるレトルト食品などのストックも有効ですが、電気・ガス・水道が停止しても食べられる食品も必ず備えましょう。「これまでの地震では大丈夫だった」という経験から油断しないことが極めて重要です。初めて体験する大災害にも備えるのが「防災」だと考えましょう。
水が使えない、流せないという事態になると、入浴やシャワーもできない状況に。地域の水道の断水による場合は、通常、数日以内に給水車など行政の支援を期待できますが、配管破損による排水制限となると、災害時は復旧までに長い期間を要することが多いです。
「地震で上から物が落ちてきた」「落下した物が割れて、踏んでしまった」「台風で割れた窓ガラスを踏んでしまった」「慌てて転んでしまった」など、けがをしてしまうことも。救急車を呼ぶようなけがでも、災害時はすぐに来てくれるとは限りません。事前の家具転倒防止策が有効です。
トイレは水が出なくなる・流せなくなることから使えなくなる可能性も。地域の断水、停電による電動給水ポンプの停止、建物のどこかで配管が破損したことによる排水制限(漏水防止)、豪雨時の下水の処理能力超過による排水制限など理由は多岐に渡るため発生しやすい問題です。
ライフライン復旧までの必需品をひとつにまとめた「ローラーバッグ」は防災用品や避難グッズを揃えたい方におすすめです。
「備えないと…」と思っていても何を購入するか迷ってしまう防災用品。マンションでは、自宅での「在宅避難」を余儀なくされることを想定し、災害時の状況をイメージして必要な防災用品を備えましょう。
災害時、テレビやインターネット等で情報を得ることがあると思います。停電時はその情報収集もできなくなります。また、被災時にはテレビやラジオの広域の情報に加えて、地域の情報やご家族・ご友人との情報交換がより重要になるため、携帯電話の充電は切実な問題になります。
防災用品として定番とされている懐中電灯は、夜間の暮らしのための灯りとしては不十分といえます。エアコンなどが使えない状況もイメージを。大きな災害では、停電が何日も続く可能性もあり、備えがないと寒さや不便さだけでなく、精神的な不安も大きくなります。
普段よく食べるレトルト食品などのストックも有効ですが、電気・ガス・水道が停止しても食べられる食品も必ず備えましょう。「これまでの地震では大丈夫だった」という経験から油断しないことが極めて重要です。初めて体験する大災害にも備えるのが「防災」だと考えましょう。
水が使えない、流せないという事態になると、入浴やシャワーもできない状況に。地域の水道の断水による場合は、通常、数日以内に給水車など行政の支援を期待できますが、配管破損による排水制限となると、災害時は復旧までに長い期間を要することが多いです。
「地震で上から物が落ちてきた」「落下した物が割れて、踏んでしまった」「台風で割れた窓ガラスを踏んでしまった」「慌てて転んでしまった」など、けがをしてしまうことも。救急車を呼ぶようなけがでも、災害時はすぐに来てくれるとは限りません。事前の家具転倒防止策が有効です。
トイレは水が出なくなる・流せなくなることから使えなくなる可能性も。地域の断水、停電による電動給水ポンプの停止、建物のどこかで配管が破損したことによる排水制限(漏水防止)、豪雨時の下水の処理能力超過による排水制限など理由は多岐に渡るため発生しやすい問題です。
ライフライン復旧までの必需品をひとつにまとめた「ローラーバッグ」は防災用品や避難グッズを揃えたい方におすすめです。
CLASS PLUS
CLASS PLUS vol.15(2024年 夏号)

NEW人・街・暮らしを元気にする生活情報誌
CLASS PLUS
vol.15(2024年 夏号)

バックナンバー